juku123’s blog

タイガー・褌・チェンのブログです

スポンサーを募集します

スポンサーを募集するにあたり、最初に自己紹介をします。ここに書いた内容は書き足したり修正する場合があります。

 

私は世界トップレベルの発声技術を持っていて、Michael Jacksonの全盛期の声「も」再現することができます。

 

日本の歌手のレベルはアメリカやイギリスと比べて大きく劣ります。アメリカやイギリスでプロとして通用する水準の発声技術を持っている日本人のプロのシンガーはほとんどいませんが、私はMichael Jacksonの声だけでなくThe WeekndやEd SheeranやWhitney HoustonSlipknotやFoofightersやJason Deruloなどのシンガーの声を再現できます。

 

レベルの高いシンガーの声で難しい楽曲を歌うためにはレベルの高い発声技術が必要になります。歌唱力を決めるのは発声技術です。

 

機械を使って誤魔化している人もいますが、私の声は本物です。マイクもスピーカーも使わずにマスクを付けた状態でそのへんで歌えば多くの人を惹きつけることができます。

 

参考のため、オリジナルの音源に私の声を合わせた動画を送ります。オリジナルの音源をマイクの近くで大音量で流しながら私の声を重ねています。声を別で録ってオリジナルの音源に重ねることもできますが、どちらがオリジナルでどちらが私の声なのか自分でも分からなくなるので

 

誰が聴いてもすごいことをやっているのですが、世の中にはとんでもなく耳が悪い人がいます。音源を聴いて分からなかったらお互いに時間の無駄ですので、この文章を読むのはやめて他の人に代わってください。私の顧客は頭と耳の悪いおっさんたちではなくて、自分の曲をお金を払って聴いてくれる人たちです。

 

https://1.gigafile.nu/0709-df72e6925fda2af1c756b349f7ec1bb93

 

今は機械で声を誤魔化せるので、私の声を生で実際に聴いてもらえば本物かどうかすぐに分かります。

 

私が持っている資産はこれだけではありません。私はノンネイティブです。「歌でも活かせる英語学習法」を持っていていつでも言語化できます。アメリカやイギリスで売れている曲を1曲だけオリジナルと同じレベルで歌う難易度は非常に高いです。TOEFLやIELTSとは比べ物になりません。

 

私が知っている「歌でも活かせる英語学習法」は、avexソニーミュージックなどで雇われているサラリーマンが一生かかってもリーチできません。「歌でも活かせる英語学習法」を応用すればTOEFLやIELTSで高得点を取ることが可能で、TOEFLやIELTSで高得点を取ることができれば海外の有名大の大学院を卒業することができます。海外の有名大の大学院の学位があればサラリーマンでも年収2000万円以上稼げます。

 

アメリカやイギリスで売れているシンガーはただ一人の例外もなく難易度の高い発声技術を使って歌っています。なんで売れているシンガーが言語や人種の壁を超えて世界中で1000万人とか2000万人もの人たちを惹きつけることができるのかというと、その理由の一つは凡人が一生かかっても真似できないような難しい発声技術を使って歌っているからです。

 

私は自分で開発した「難易度の高い発声技術を効率良く身に付ける方法」を使ってMichael Jacksonの声を使って歌えるようになりました。私と同じレベルでMichael Jacksonの声を再現できる人はまだいません。

 

The Weekndはいい線を行っています。Michael Jacksonの声に似ていると世界中で話題になりましたが、Michael Jacksonが多用しているいわゆるロック発声までは身に付けることができていません。私はMichael Jacksonが多用しているロック発声も使うことができます。

 

私はプロの耳を持っているので、他人の実力を評価することができます。

 

大手のレコード会社が大金を出して培ってきたアーティストを育成したり発掘するためのノウハウは少なくとも歌に関しては価値がなくなりました。こういったノウハウは非常に属人性の高い能力で、歌に関してはプロのレベルの歌唱力がないと育成や発掘をすることはできません。

 

大手のレコード会社は優里や生田りらや米津玄師などを育成・発掘したことになっていますが、週1回か2回程度のレッスンでレベルが低い日本でもプロにはなれません。

 

大手のレコード会社はボイストレーナーを雇っています。ボイストレーナーのレベルはこの程度です。自分で歌えないのに他人に教えられるわけがないのですが、なぜか日本の大手のレコード会社は歌えない、プロのシンガーのレベルに到達していないボイストレーナーをたくさん雇っています。

 

https://twitter.com/hiroki0059

 

twitter.com

ソニーミュージックはCDやDVDに特典を付けて米津玄師のファンから金を巻き上げています。

 

https://smej.lnk.to/PaleBlue_CD

 

smej.lnk.to

米津玄師のファンから巻き上げた金で何をしているかというと、教えるレベルにも到達していないボイストレーナーを大量に雇ったり、しょうもないオーディションをやって売れないグループを作ったりしています。私はこんな会社とは関わりたくありません。

 

これも酷いですね。過去に行われた酷いオーディションについてはnoteに書いています。

 

https://twitter.com/oneinabillionjp

twitter.com

 

メジャーレーベルからデビューをしようと思ったら大手のレコード会社に入るという選択肢しかありませんでしたが、これからはサブスクが主流になりCDというメディアが必要なくなります。CDの時代は日本全国のCDショップにCDを並べる組織力と営業力を持つ会社に依存する必要がありましたが、このビジネスモデルはとっくの昔に陳腐化しています。

 

これから私はこういったカバー動画を制作していきます。

 

https://www.youtube.com/watch?v=5GQnC6UUsZw

 

www.youtube.com

このカバー動画はオリジナルに忠実で、オリジナルと同じ場所でオリジナルと同じ発声技術を使って歌っています。プロの中でもトップオブトップでないと分からないと思いますが、中途半端に自分の歌い方で歌うよりもオリジナルの歌い方に限りなく寄せるほうが難しいですし、プロの中の評価も高くなります。「真似はダメ」だと思ってしまうのは素人の発想です。

 

歌を舐めている人は世の中にたくさんいます。カラオケで歌がうまいと言われるレベルの練習をすればプロになれると思っている人は日本全国に1000万人以上います。

 

https://www.youtube.com/watch?v=OimQQFofH64

www.youtube.com

歌ではないですが、ノンネイティブで英語の発音と発声をこのレベルまで引き上げることができる人はカラオケ好きの中にはほぼいません。英語の歌を1曲歌い切る難易度は、これの100倍以上は難しいです。

 

私は年内に少なくとも5本以上のカバー動画を上げて行きたいと考えています。候補はこちらになります。1曲だけでもオリジナルと同じように歌えれば、世界でもトップクラスの歌唱力があるということになります。

 

それぞれジャンルが違います。

 

https://www.youtube.com/watch?v=sOnqjkJTMaA

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=4NRXx6U8ABQ

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=PmYypVozQb4

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=h_L4Rixya64

www.youtube.com

https://www.youtube.com/watch?v=5abamRO41fE

www.youtube.com

 

私が上げることになる動画はどの動画も最低でも1000万回以上され、日本だけでなく世界中の人たちが見ます。カバー動画は残念ながらYoubeから収益を得ることはできませんが、例えば録音に使っているコンデンサーマイクのロゴを目立つように撮影をしたり、コンデンサーマイクのリンクを概要欄やコメント欄に各言語で埋め込んだ場合、それを広告費に換算するといくらくらいになるでしょうか?

 

Michael Jacksonの声を再現でき、2020年のチャートを席巻したThe Weekndの上位互換のシンガーが話題にならないわけがありません。

 

ワンオクのTakaでもこれだけ多彩な声は使うことはできませんが、私はできます。

 

日本と英語圏のシンガーのレベルには大きな差があります。ジャンルが違うと簡単には比較はできませんが、POPSに限定すると世界のトップ500位に入るような日本のシンガーは1人いるかどうかです。トップ100位くらいになると日本人のシンガーは私以外はたったの1人も入れません。

 

これから上げていく動画ではコンデンサーマイクだけでなく、ヘッドホンなどを露出してもいいでしょう。もちろん、価格と品質において私が納得できないものはいくらお金を積まれても扱うことはできません。

 

私の動画は日本だけでなく世界の有名なシンガーが注目します。世界中のシンガーの卵やシンガーになりたい人も私の動画を見るでしょう。私の声を録音した良質な音響機器であれば興味を持たないわけがなく、購入意欲は非常に高いと予想されます。

 

商品を欲しいと思っている人たちに効率よくリーチできるので1再生あたり1円程度の単価では安すぎますが、気に入ったものであれば多少安くても自分のファンにおすすめしたいです。

 

製品の研究開発にも協力したいと考えています。メタルやロックにおける世界のトップレベルのシンガーは非常に声量が大きいです。

 

近年はロックやメタルが売れないと言われていますが、他の分野のシンガーもいわゆるロック発声を取り入れています。もちろん、日本でロック発声を使えるシンガーはほとんどいないので、アメリカやイギリスの話です。

 

EDMやHIPHOPといったロックやメタルとは遠いように見える分野でもアメリカやイギリスのチャートの上位に入るシンガーは当たり前のようにロック発声を使っています。

 

日本の会社が声を調べるためにFoo FightersのDavid GrohlやSlipknotのCorey Taylorにお願いをしてもまず間違いなく断られるでしょうが、私は魅力的な製品の開発につながるのであれば協力したいです。

 

イデアは他にもたくさんありますが、ここまで書いて私の価値を理解できない会社はこちらからお断りしますが、それなりの対応をしてくれるのであれば提供した資金を最低でも10倍にして返します。

 

私は自分に試して上手く行ったノウハウを言語化することができます。他社ではavexがアーティストスクールを持っていて、20年以上運営していますがMichael Jacksonどころかレベルの低い日本で勝てるシンガーをほとんど育てることができませんでした。理由ははっきりしています。自分で歌えないボイストレーナーやサラリーマンが考えるメニューはだいたい間違っています。

 

東大にも入れない人たちが東大志望者向けに東大受験コースを運営するするようなものです。歌える人を育成するのは東大合格よりも遥かに難しいのです。その一方で、私は実際に英語でいろんなジャンルで最も難しい曲を何曲も歌うことができます。私が正しいと考えていることを実践すれば例えばMichael Jacksonのような声で歌えるようになります。私は全盛期のWhitney HoustonCeline Dionの声も使えます。女の人の声も得意なので女のシンガーを育成することもできます。

 

私が100人のシンガーを育成したら上位20人か30人くらいは間違いなく日本でもトップクラスの歌唱力が身に付きます。私は後進の育成にも力を入れていきますので、私との提携に失敗をしたら、私がこれから育成するシンガーとの提携が非常に難しくなります。

 

100人のうちの何人かは世界でも戦えるレベルになるでしょう。The WeekndやAriana Grandeと提携するためにいくら必要になるかということも考慮して返信をしてください。

 

私のスポンサーとなる企業について、以下のようなお願いをしたいと思います。

 

◎活動資金

一定額以上であればいくらでもいいです。カバーの歌を歌うだけならほとんどお金がかかりません。

 

私はリハビリをすれば東大の理3に入れるくらいの基礎学力があり、東大理3の看板で医学部専門塾をやったら2000万円は楽に稼げます。

 

活動資金は1億円以上でお願いします。1000万円くらいでも別に困ることはないですが、1000万円程度ではニュースになりません。「株式会社○○がMichael Jacksonの声を再現できるシンガーへ活動資金10億円を提供」という見出しであれば誰でも興味を持ちます。

 

実際に歌をやるのに10億円ものキャッシュは要りません。提供を受ける資金の中身はどうにでもなります。全額借り入れでも構いません。金額によっては有利子でもいいです。ただし、こちらにとって魅力のない条件を提示する会社との交渉は後回しになります。

 

コンデンサーマイクを製造している音響機器メーカーに絞って交渉しようと思いますが、スポンサーは音響機器メーカーである必要はありません。日本企業にもチャンスを与えますが、Michael Jacksonの声を再現できる私に対して10億円程度の資金提供を渋るようであれば韓国や中国の企業と組んでもいいかなあと思っています。

 

世界のスマホの出荷台数の首位と2位はサムスンHUAWEIで、サムスンはHarman Internationalを買収しています。HUAWEIも自社でイヤフォンを作っているみたいですね。

 

高いヘッドホンやイヤフォンは触ったこともないですが、5000円から1万円台で私が満足できるクオリティの商品ができてスマホとセットで1年間に世界で1000万台売ったら...というようなことを考えるとサムスンHUAWEIあたりも魅力的です。

 

申し遅れました。私のアーティストネームはタイガー・褌・チェンと言います。本名はどこの国の人にも発音してもらえない音の組み合わせなので、日本以外の国でも認知されるように中国人風の名前を付けました。

 

理由があって曲を聴くときはヘッドホンを使っていますが、お金がなくてずっと1万円程度のヘッドホンを使って練習してきました。たった1万円のヘッドホンで世界トップレベルの歌唱力が身に付くのであれば大半の人はそれ以上のヘッドホンにお金を出さなくなるでしょう。

 

私にとっては手元に10億円の現金があってもあまり意味がないので、例えば「100万円を毎月1回、1000回に分けて振り込みをする」という契約でも10億円の資金提供になります。全部の振り込みが終わるのに83年かかりますが、どういう内容でも双方が納得して契約をすれば10億円の資金提供になります。

 

10億円あってもそれをすべて何かに投資するだけの時間もエネルギーもないと思いますが、手元にそれなりの資金があればある程度は有効に活用することができます。ソニーミュージックavexなどの日本のレコード会社は育成に全くお金を使っていません。特にシンガーの練習環境は酷いです。

 

私のように世界のトップレベルの歌唱力を身に付けるにはハードなトレーニングと練習を最低でも毎日4時間、しかもそれをほぼ休みなく数年間は継続する必要がありますが、そんな努力ができる人は限られていますが、そういう人材に対する支援は一切ありません。

 

世界トップレベルの歌唱力を身に付ける上で、どれくらいの部屋の広さでどのような材質の吸音材を使ったらいいのかということは私にも分かりません。部屋が広すぎると無駄なコストがかかります。

 

The WeekndのBlinding Lightsをオリジナルとほぼ同じクオリティで歌える私に対して、日本の音楽業界は何の支援もしてくれませんでした。現時点でもレコーディングスタジオなどはなく、仕方なく自分のPRも兼ねて六本木や赤坂や青山や銀座などで歌っています。

 

地元の長崎で散歩のついでにあまり人の迷惑にならない繁華街や公園で歌っていたらいつのまにか有名になってしまいました。音楽が好きな30代くらいまでの夜の街のお姉さんで私のことを知らない人はまずいません。

 

東京に戻ってほぼ毎日外で歌っているので六本木と赤坂でもそれなりに認知されてきたようです。英語の曲しか歌っていないのでどちらかというと外国人への認知度が高いです。六本木あたりにいる黒人で私のことを知らない人はいません。

 

今週は銀座と秋葉原のあたりを攻めていますが、

 

マイクもスピーカーも通さないで人を惹きつける歌声だけが本物です。マイクやスピーカーはそういう歌を歌えるシンガーの声をより多くの人に聴いてもらうための手段に過ぎません。今は機械を使えば大したことがない声でもそれなりに誤魔化すことができますが誤魔化した声や声を誤魔化すためのお手軽な方法は誰にでもコピーができるので手間をかけたわりには人を惹きつけることができません。

 

日本の音楽業界は機械を使って声を誤魔化しているシンガーがほとんどですが、私が地元の長崎と銀座/赤坂/六本木/青山/表参道/渋谷/原宿などで実験を繰り返した結果、私の声は多くの人を惹き付けることができるということがはっきりしました。

 

資金は年利15%くらいの有利子でもいいです。私はYouTube以外に収益化するためのプランをいくつも考えてそれを実行できます。

 

「10億円」というのは手段であって目的ではありません。実際に必要な資金は額面よりも少ないです。

 

英語圏に比べると数十年かもしかしたら100年くらい遅れている日本の歌の分野で、私はどこからの支援も受けずにたった1人で世界のトップレベルに到達しました。その私に対して日本の会社が10億円も出さない、その価値もないと判断されるのであればそれはそれで構いません。

 

ソニーミュージック/avex/ユニバーサルミュージックジャパン/ワーナーミュージック・ジャパンなどに対しておこなったように、日本の音響機器を扱う業界に対して宣戦布告をします。

 

さて、収益化の話題に戻ります。これからすぐにやるかどうかは別ですが、例えばMichael Jacksonのように歌える私が書く「歌にも使える英語学習法」をnoteで販売すれば5,000円くらいの価格設定でもそれなりに売れるでしょう。最低でも1万人くらいはnoteを買って読んでくれます。歌をやる場合はヘッドホンとイヤフォンとコンデンサーマイクとその他のは必須なので、歌に興味がある人にコンデンサーマイクを紹介することもできます。

 

私以外に東大卒で歌をやっている人もいます。

 

https://www.youtube.com/watch?v=qWQovNBskOE

www.youtube.com

 

この人と私は面識はないですが、発声技術も英語の発音もとてもいい線を行っていますが、ノンネイティブが歌っている感じです。85%くらいは合っていますが、残りの15%くらい許容範囲から外れている感じです。惜しいですね。

 

東大を出たからといって到達点の高い学習方法にリーチできるとは限りません。東大生や東大卒の大半はただの凡人ですが、目隠しで将棋をしながら積分の問題が解ける人がいます。一定レベル以上は学習ノウハウの差というよりは能力の差の方が大きくなります。

 

https://www.youtube.com/watch?v=_jyUVo8b7vM

www.youtube.com

私が知っているベストな学習ノウハウを実践しても世界のトップレベルに到達できるとは限りませんが、少なくとも回り道をしないで済みます。

 

日本は少子化が止まらずに他の分野と同様に確実に音楽関係のマーケットは縮小しますが、私のノウハウを使えばアジアだけでなく世界で勝てるシンガーを育成することができます。

 

上述の東大卒のシンガーはロック発声が使えますが、逆にロック発声を使わないクリーンな声は得意ではないようです。私はクリーンな声もすごく得意で、それに加えてロック発声よりも難しいデスボイスを使える上にデスボイスでrapができます。いわゆる完全な上位互換です。

 

アフィリエイトを利用すれば私には直接は広告費を支払う必要はありません。noteではアフィリエイトを利用できないことになっていますが、ブログやYouTubeなどのプラットフォームに誘導すればアフィリエイトで収益を得ることができます。

 

自分がいいと思った製品を出している会社をリストアップしてスポンサーをお願いします。対応によってはスポンサーをお断りするだけでなく、場合によっては報復を伴った反撃をします。余程のことがない限り大丈夫なので過度に心配しないでください。

 

頂いた返信の内容や交渉のスピード感によっては資金提供をお断りする可能性もあります。資金提供では合意できなくても、いい商品があれば宣伝には協力したいのでYouTubeで1再生あたり○円という契約をお願いすることになるかもしれません。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/7f8357eae2a27060d29fec41d7fc3774060d4a58

news.yahoo.co.jp

 

https://jp.reuters.com/article/xiaomi-results-idJPKCN2D71YX

jp.reuters.com

スポンサーは日本以外の会社もいくつかリストアップしています。返信が遅い、交渉相手として信用できないと感じたら日本以外の企業にもスポンサーを依頼します。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC043S40U1A400C2000000/

www.nikkei.com 

◎必要な人材を獲得するための協力

私にとってはお金よりもこちらの方が重要です。歌は歌えますが、楽器の演奏などはできません。音楽をやっている知り合いはいないので、私が自力で自分の歌唱力に見合うプレイヤーを探すのはまず無理です。

 

私は歌は歌えますが、作詞作曲はできません。作詞作曲の分野では、これからはAIを使える人が有利になるでしょう。既存のレコード会社ではAIを使える人はほとんどいないと思います。AIの分野でも協力をお願いするかもしれません。

 

★まとめ★

 

組織の中で働いているサラリーマンはピンきりです。自分の能力や役職では判断できないと思ったら上に投げてください。私は当然社長か役員、もしくはエース級の担当者から返信が来るはずです。